■6月11日 オープンコンベンション GM紹介 マスターさん

ゴールデンウィークが終わったと思ったらもう6月は目の前ですよ。

6月のオープンコンベンションは11日(日)開催です。概要は→ここ←を参照してください。
いよいよ今週ですよ。(どこの週末に生きていたんだろう。訂正してお詫びいたします。)

GM参加希望の方はお早めに申込みください。よろしくお願いします。
参加方法や注意事項についてはこの記事の最後の方にあるリンク先を参照してください。

以前より参加者から要望があったGM申込みエントリーシートをUPしました。
必要な方は下記からダウンロードしてください。

GM申込み用紙_PDF_罫線なし
GM申込み用紙_PDF_罫線あり
GM申込み用紙_ODS(オープンオフィスのファイルです)
※エクセルでも開けますがレイアウトがおかしくなると思います。手直ししてお使いください。



ここからGM紹介です。



【 GM名 】
マスターさん

【 システム 】
シノビガミ

【 シナリオタイトル 】
さよならの向こう側

【 募集人数 】
4人

【 シナリオ概要、セッション方針、ルール補足 】
【シノビガミってどんなゲーム?】
 シノビガミは、プレイヤーは現代の裏側に潜む超人~ニンジャ~となり、時に協力し、時に対立しながら、物語を創り上げるゲームです。
 シノビガミで特徴的なルールは【使命】と【秘密】。
 ハンドアウトの表には達成しなければならない【使命】が。しかしその裏にはPCの真実を語る【秘密】が存在し、虚構と真理の狭間でPC達は【本当の使命】を全うするために戦う事になるのです。

【今回のシナリオ】
 今回用意したシナリオのタイトルは「さよならの向こう側」。

 別URLに詳細な今回予告とハンドアウトを用意したので、そちらをご覧下さい。→ここ←参照してください。

【用意するもの】
 使用するサイコロは6面体サイコロ2個。後はバトルフィールドに配置する駒があると良いですが、ない場合は貸し出します。

【プレイ時間は?】
 セッション時間はキャラクター作成を含まずに4時間程度を想定していますが、特殊シーンが発生する可能性があるので、その場合は時間が超過すると予想されます。

【初心者でも大丈夫?】
 ルールサマリーやサンプルキャラクターが用意されているのでシステム初心者も対応出来ます。TRPG初心者の方でも、存分にキャラクターを演じたい方なら大丈夫です。サイコロを2個振って5以上出したら後はカッコいい事をただただ喋るお仕事です。

【注意】
 このシノビガミのシナリオはトーキョーN◎VAのリプレイ「さらば、青き光」を改題、シノビガミ用に調整したシナリオです。

 では皆様、当日のご参加、お待ちしています♪





■富山テーブルゲームの会の予定

≪富山テーブルゲームの会のお問合せ先は→ここ←

6月11日(日) 富山テーブルゲームの会 オープンコンベンション
GM募集は始まってますので下記メールフォームから応募ください。

→参加について←
→GM申込メールフォーム←
→会場内の諸注意←

7月9日(日) 富山テーブルゲームの会 予約回
場所はいつもの福岡観光物産館です。

質問等あれば上記お問い合わせフォームからメールするか、この記事のコメント欄にご記入ください。

皆さんで楽しい1日にしましょう♪

第13回 WEBラジオ公開してました。

第13回 富山テーブルゲームの会ラジオ公開してました。
YouTubeに1週間ほど前にUPしていたのですがブログで報告するの忘れてました。すいません。

今回は4月9日のオープンコンベンション後に録音したものです。
参加してくれたのははくっちさん、マスターさん、ごん太さん、私の4人です。

オープニングトークは「GM、PLをするときに大事にしているものは何ですか?」です。
気軽な気持ちで聴いてみたのですが、それぞれ思いがあるようで色々興味深いお話しでした。

セッションレポートはマスターさんが迷宮キングダム、サイゴがクトゥルフ神話TRPG、ごん太さんがコードレイヤード、はくっちさんがモンスターメーカー2017です。

<第13回富山テーブルゲームの会ラジオ>





■富山テーブルゲームの会の予定

≪富山テーブルゲームの会のお問合せ先は→ここ←

6月11日(日) 富山テーブルゲームの会 オープンコンベンション
GM募集は始まってますので下記メールフォームから応募ください。

→参加について←
→GM申込メールフォーム←
→会場内の諸注意←

7月9日(日) 富山テーブルゲームの会 予約回
場所はいつもの福岡観光物産館です。

質問等あれば上記お問い合わせフォームからメールするか、この記事のコメント欄にご記入ください。

皆さんで楽しい1日にしましょう♪

5月6日(土) 土曜TRPGコン(野々市)&20時間耐久ボドゲ会に参加しました。

ちょっと間が空きましたがGWのお話し。石川県野々市市で開かれた土曜TRPGコンさんと20時間耐久ボドゲ会に参加してきました。



まずは野々市で開かれた土曜TRPGコンさんのレポート。

前回は1週間前で30人を超す参加者がいましたが今回は20人をちょいと超えるくらいでした。
成立卓は4卓だったんだけど、何が立ってたか記憶が・・・。

でたとこサーガ、シノビガミ、デッドラインヒーローズあと1つなんだっけかなぁ???

ゴメンなさい思い出せない。



私はデッドラインヒーローズのGMさせてもらいました。4月20日に発売されたのを速攻で買ってきてどうにかこうにか読みこんでのセッションです。新作ってことでPLも集まってくれて卓が成立しました。
デッドラインヒーローズ


セッション内容については基本ルルブのシナリオなので割愛。

PC1は最初のシーンで選んだ選択をヴィラン(悪役)に煽られます。「お前が20人を助ける間に俺たちがは何万人も殺す。お前の善意ってやつは酷く独りよがりで自己満足なのさ。」といった感じですね。それに対して強く出られない優柔不断にも見えるヒーローが悩みながら葛藤に打ち勝ち一歩踏み出るラストになりました。
PC2は気弱なヒーローに憧れる一般人で努力で強くなったキャラクターでした。最初のシーンではテレビのインタビューでいじられて弱さが見えていたのが最後のシーンでもう一度テレビインタビューを受けるときはしっかりヒーローをしていて1話の中で強くなっていくヒーローが表現されていてカッコイイんですよ。
PC3はベテランPLさんで異世界から来たヒーローをしっかり演じつつ他のPLをそれとなくサポートしてくれて助かりました。

三者三様のヒーローが見れて楽しかったです。このデッドラインヒーローズは自分のヒーローがどんなヒーローなのか?を考えてセッションで演出し表現する遊び方が楽しいと思います。照れとか羞恥心を捨ててヒーローについて語りましょう!



この日はちょいと忙しくてですね、楽しく土曜TRPGコンでのセッションを終えて余韻に浸る暇もなく移動することになります。移動先は石川県金沢市芸術村です。そう、ここで「20時間耐久ゆるふわボードゲーム会」が行われているのです。

私、ボドゲも好きでして思いっきりボドゲが遊べるぞー!っと参加表明していたのですが、色々あってボドゲ会でTRPG体験卓をすることになっちゃったんですよ(汗)。

どーしてこーなったw

まぁ、TRPGを遊びたいって方がいればホイホイ行ってしまうのが最近の私でして、今回は10分の1クトゥルフを使ってクトゥルフ神話TRPGに載っている「死者のストンプ」を遊びました。
ボドゲ会クトゥルフ

ボードゲームの集まりだったのでプレイ時間をなるべくコンパクトにしたいと思いまして、ほら、ボドゲって1時間~2時間くらいで終わるじゃないですか、なのでこの体験卓もそれぐらいに終われるように努力してみたつもりですが2時間30分かかりました。

参加してくれたPLの方からはまた遊びたいと言ってもらえたので大満足です。

20時間耐久ゆるふわボードゲーム会についてはこちらを参照してください→ここ←



■富山テーブルゲームの会の予定

≪富山テーブルゲームの会のお問合せ先は→ここ←

6月11日(日) 富山テーブルゲームの会 オープンコンベンション
GM募集は始まってますので下記メールフォームから応募ください。

→参加について←
→GM申込メールフォーム←
→会場内の諸注意←

7月9日(日) 富山テーブルゲームの会 予約回
場所はいつもの福岡観光物産館です。

質問等あれば上記お問い合わせフォームからメールするか、この記事のコメント欄にご記入ください。

皆さんで楽しい1日にしましょう♪

4月29日(土) 土曜TRPGコン(野々市)に参加しました。

ゴールデンウィーク初日の4月29日に開催された土曜TRPGコンに参加してきました。
祝日だったこともあったのか参加者が多い!32人いたんじゃないかな、数え間違えてたらゴメンなさい。
DSC_0666-1.jpg

デッドラインヒーローズ、クトゥルフ神話TRPG、アリアンロッド2E、D&Dネクスト、トワイライトガンスモーク、ダイスオブデッドの6卓が成立していました。

ホントに色々あるなぁ。人が変わると楽しさも変わるのがTRPGの面白いところだと思うのですが、富山のお隣石川県に足を延ばせば新鮮な楽しさがあります。

さて、今回はダイスオブデッド卓で遊んできました。

このゲームは突然広まったゾンビウィルスによって死者の街となった東京が舞台です。その東京はゾンビの影響を抑えるため巨大な壁で隔離されました。中にはまだゾンビになっていない普通の人たちもいたのに・・・。
その絶望的な状況でスタートするのですが、プレイヤー達のキャラクターはゾンビでも人間でもないハーフゾンビと呼ばれる存在です。ゾンビの強靭な能力を持ち、それでいて人間の知性を残しています。
これだけだといいとこ取りなんですが、ハーフゾンビはゾンビからダメージを受けたりしてウィルス感染が進むとゾンビになってしまいます。

このいつゾンビになってしまうか解らない不安定な状況でセッションは進行され、途中には誰かゾンビになっていないか議論する人狼的要素も入ってきます。

この世界観だけでも魅力的なのですが、このゲームの特徴はまだあります。

「ダイスドラフト」システムです。

これは判定に使うダイスをみんなでドラフトしていくシステムです、って意味わかんないですよね。
シーンの開始時や戦闘開始時にGM含むすべてのPLが3D6を振ってそれらをすべてダイスプールに置きます。そのダイスをシーンプレイヤーから1っ個づつ取得していきます。
これで手元に3っつのダイスが有るはずですが、これを使って行動や攻撃を行います。
ダイス目によって出来る行動が変わります。6-5は頭を使う判定(知覚など)、4-3は腕を使う判定(操作など)、2-1は足を使う判定(追跡など)。
PLはその場面でどの行動をすればいいのか予測してダイスを選択する必要があります。
DSC_0668-1.jpg


最初は判定に使うダイスを最初に振ってしまうことに変な感じがしたのですが、慣れてくると状況をみながらどれを選択するかという行為が楽しくなってきます。プレイ感覚はボードゲームに近いかもしれません。



今回の私のキャラクターはこれ。48歳の売れないお笑い芸人が「引退」か「ゆるキャラ」になるか選択した結果、ズワイガニのゆるキャラになった、という設定です。
DSC_0667-1.jpg

まぁ、出落ちキャラですいません。

GMさんの準備が素晴らしくて、ルールのレジメやマップシート、NPCのイラストなど準備されていてとても遊びやすかったです。
セッションの進め方もPLに解りやすく順序だって説明してくれましたよ。

シナリオは廃病院に立てこもりコミュニティを形成していたところにゾンビが入り込んでしまい脱出しなければいけない、というものでした。これだけだと単純な脱出ものなのです。ですが、襲撃の連絡をしてくれたNPCがオープニングでPC達を迎え入れてくれるいい人演出がされていて、無線の最後に襲われているだろう演出が入るんですよ。これは助けに行かないわけにはいきませんよね。

それでいてマップはNPCを助けに行かなければ2マスで終了する配置になっているんですよ。GMのいけずー。

GMのいけずはそれだけでなく、ダイスドラフトが行われるたびにトークンがGMの前に1っ個づつ並べられるのです。これ宣言なく無言でやってるんですけど5個目あたりからPLが気づいて「あ、このシナリオは時間制限があるぞ!」ってなるんですね。
上手いなぁ。トークンは7個目から青色から赤色になりました。ここらの演出もニクイですなぁ。

そんなこんなで楽しく遊ばせてもらいました。

次回の土曜TRPGコンさんは5月6日(土)です。そう、今週です!!興味のある方はこのGW中に参加してみてくださいね。自由参加のコンベなので突然フラリと立ち寄っても大丈夫です。

土曜TRPGコンさんについてはこちらを参照してください→ここ←



■富山テーブルゲームの会の予定

≪富山テーブルゲームの会のお問合せ先は→ここ←

6月11日(日) 富山テーブルゲームの会 オープンコンベンション
GM募集は始まってますので下記メールフォームから応募ください。

→参加について←
→GM申込メールフォーム←
→会場内の諸注意←

5月14日(日) 富山テーブルゲームの会 予約回
場所はいつもの福岡観光物産館です。
詳細は→ここ←を参照してください。

質問等あれば上記お問い合わせフォームからメールするか、この記事のコメント欄にご記入ください。

皆さんで楽しい1日にしましょう♪

■4月9日 オープンコンベンション終了しました。

4月9日のオープンコンベンション無事終了しました。
参加してくれたみなさん本当にありがとうございました。

さて、今回は参加者20名で初参加の方が6名でした。
成立した卓は4卓、内訳は迷宮キングダム、コード:レイヤード、モンスターメーカーRPG2017、クトゥルフ神話TRPGでした。
DSC_0604.jpg

コンベンションの開催場所が富山市からも金沢市からも同じような距離のためか石川県からも富山県からも参加者が集まってきてくれるのでなんだが不思議な雰囲気のコンベンションになりつつあります。この混沌とした感じは私は好きですね。
どんな風にみなさん遊ばれたのですかね。そこいらはラジオできっと話してくれてるはずですよ。
DSC_0605-1.jpg



さて、私はクトゥルフ神話TRPGのKPをやらせてもらいましたよ。

もう、何年ぶりですかね。高校生の頃遊んで以来のKPなので20年ぶりかしら。
あんまり、ここらの年を話すと歳がバレてしまいますね。バレて困ることも特にないのですが(苦笑)。

クトゥルフ神話TRPGが流行りだというので立ててみたのですが思った以上に参加希望の方がいてビックリです。みんなクトゥルフ遊びたいんだなぁ。

今回は基本ルルブに載っている「死者のストンプ」を遊びました。

これ、20年前にもKPやってるんですよ。基本ルルブめくってたら懐かしい黒人トランペッターのイラストに遭遇しまして、もう嬉しくてねぇ。
それで久しぶりに再会したシナリオを読んで見たんですが、これが切ない話しでして・・・。
時代は1920年のアメリカが舞台。ジャズエイジとも狂騒の20年代とも言われる華やかに文化の花咲く頃です。そして、禁酒法と黒人差別、第一次世界大戦から復員した兵士たち。
なんともキナ臭い世界ではないですか。このシナリオはそうした時代のある違法バーでの事件から始まります。もちろんこの場面で流れるのは黒人バンドマンたちが奏でるJAZZです。
試しに「ドクター・ジャズ」「クラリネット・マーマレード」を検索して聴いてみてください、あっという間に当時のアメリカが頭に広がるはずです。
※コンベンションでは音楽等流すのはマナー違反です。
DSC_0602.jpg


公式シナリオなので詳しくは書けませんがプレイ後はビターで切ない気持ちになると思います。短くていいシナリオです。

セッション後はカードゲームやボードゲームを遊びました。
画像は横暴編集長ですね。このゲーム、本の上側と下側に分けたものが山札になっていて手札とそれらを使ってより魅力的なタイトルを考えられた人が勝ちです。
DSC_0608-1.jpg



北陸のTRPG関係だけかもしれませんが、本のタイトルを言う前に前口上を言われる方が多いように思います。
「ぐりとぐら、知ってますよね?私も読んでいました、あの絵本。そのグラが痴呆症を発症し自分が解らなくなりそうになりながらも生き抜くエッセイです。」といったものです。
これって他の地域の人たちもやっているのかしら?ちょっと不思議に思いながら妄想を垂れ流しておりました。




■富山テーブルゲームの会の予定

≪富山テーブルゲームの会のお問合せ先は→ここ←

6月11日(日) 富山テーブルゲームの会 オープンコンベンション
GM募集は始まってますので下記メールフォームから応募ください。

→参加について←
→GM申込メールフォーム←
→会場内の諸注意←

5月14日(日) 富山テーブルゲームの会 予約回
場所はいつもの福岡観光物産館です。
詳細は→ここ←を参照してください。

質問等あれば上記お問い合わせフォームからメールするか、この記事のコメント欄にご記入ください。

皆さんで楽しい1日にしましょう♪
プロフィール

サイゴ

Author:サイゴ
富山テーブルゲームの会は富山県高岡市(旧福岡町)でTRPGのコンベンションを開催しています。

開催場所
参加する方へ
■参加の仕方
■会場内の諸注意
■GM申込メールフォーム
富山テーブルゲームの会 お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitter
リンク
QRコード
QR