5月28日 法林寺温泉ゲーム会に参加してきました。

法林寺温泉ゲーム会に参加してきましたよー。
Twitterで開催情報が流れていたので申し込んでみました。

結果だけ先に書くとスゲー楽しかったw

ボードゲームの集まりにはあまり顔を出さないのでほとんどの参加者とは初顔合わせでしたが皆さんフレンドリーですんなりゲームに入っていけました。



会場の法林寺温泉。
DSC_1537.jpg
ホントに温泉ですw

場所はイオックスアローザスキー場の手前くらいでスマホの地図アプリを使えば迷わす行けました。
結構山深い感じですが5分も走れば福光の街中に出られます。
DSC_1538.jpg


こんなところで本当にボードゲームの集まりがあるのだろうか?と一抹の不安を感じながら中に入ると・・・、入り口にゲーム会の看板がある!あぁ、やっぱりここで間違いないんだ、とちょっとホッとしましたよ。
DSC_1539.jpg

会場は2階の宴会場で大広間を半分で割って人狼ゲーム会とボードゲーム会が行われます。
参加者は30~40人くらいでしょうか?途中人が増えたり別の部屋に分かれたりしたのでちょっと人数ははっきりしません。

人狼ゲーム会には女性の参加者も多く楽しげな会話が聞こえてきていました。人狼って殺伐としたイメージがあったのですが車座に座った参加者が自己紹介をしていく感じが和気あいあいとしていて笑いが絶えない感じでした。自己紹介のときに進行役の人がテーマを決めていたようで(「好きなアイス」みたいな。)そういう工夫も楽しい雰囲気づくりに一役かっているのかと思います。主催者の人柄がこんなところにも出るんですかねー。



さて、ボードゲーム会の方は最初は「コードネーム」を遊びましたよ。
DSC_1541.jpg
赤と青の2つの陣営に分かれて自陣の工作員を見つけていくゲームです。
単語が書かれたカード(クジラ、クラッシュ、潜水艦とか)を5×5の25枚並べます。この1枚1枚が人を表します。このなかに一般人と自陣営の工作員と敵側の工作員がいます。

陣営ごとにゲームマスターが居てこの2人は答えを知っていて短いヒントを出して上手く自陣のPLに自陣の工作員を当てさせれば勝ちです。

DSC_1542.jpg
手前に立ててあるカードにどのカードが青と赤なのか書かれています。×マークは選んでしまうとその時点で負けるカードです。
自分の陣営のカードに当てはまり、かつ敵のカードには当てはまらないヒントをださないといけないのでゲームマスターは大変そうでした。更に勝とうと思うと2枚以上のカードを取らせようと思うので更に複雑になります。ゲームのルールは簡単なのに奥が深いゲームです。



「コードネーム」を3ゲーム遊ぶともうお昼でした。ちょっと車で福光の街中まで出て「春の色食道」でラーメンを食べてきました。
ここはおじいさんがやってた頃は地元のお客さんばかりだったのですが、代替わりしてからメディアに紹介されるようになり結構盛況でした。
DSC_1544 - コピー

最近の流行りなんて関係なく変わらないラーメン。
DSC_1543.jpg
ちょっとガタつく椅子や微妙に角度がついてるカウンターがいい味出してます。



さて、お腹も満ちて午後の部ですよ。



「ラッキーナンバー」ボードの左上から右下に数字が増えるように並べていくゲーム。
DSC_1546.jpg
1~20までの数字タイルが1つの数字につきPL数あります。斜めの4マスをプレイ開始前に埋めてゲーム開始。
手番PLは1枚タイルをめくり自分のボードの空いたところに置くか既に置かれているタイルと入れ替えるかします。
同じ数字のタイルはPL人数分しかないので周りのPLのボードに置かれている数字を見ながら戦略を立てていきます。
軽く遊べますがなかなか手ごわいです。



「ブラフ」サイコロの出目が場にいくつあるのか当てるゲーム。
DSC_1547.jpg
いざゲームを始めようとするとインストが出来る人がいないという事態にw
簡単なゲームなんですが説明しようとすると難しいw
何度も遊んでいるはずなのにインストができずジョーさんに助けてもらいました。
困ってる卓にサッと入って説明をする姿ってなんかカッコイイかも。



「メトロポリス」
DSC_1550.jpg
1~13まで書かれた建物を立てていき得点が高いPLが勝ち。
何をすれば得点が得られるかは最初に配られたカードで決まります。

建物がボード上に並んでいくのが楽しい。
DSC_1549.jpg
最初に建物を置いたPLより次のPLは数の大きい建物を隣接したマスに建てます。最終的に建てられなくなったら最後に建物を建てたPLの建物だけが建設されます。
最初に配られたカードによってどの色のタイルに建物を建てると得点になるのか、特別な状況(ポーンを囲むと得点、橋を挟むと得点とか)で得点になる条件が決まるので、慣れるとそこも読みあいになるのかも?
初心者は建てるので精いっぱいでしたw



「モテねば」
DSC_1551.jpg
高校生活3年間でいかにモテるか?を競うゲーム。ゲスいですぜw
5色のコマを落としたい女の子に積んでいってポイントが高い人が対象の女の子から好意(得点)をもらえる。
色ごとに強さが5段階にあり手持ちのコマを対象の色に置くことで強さの順序が変わります。沢山コマを置かれた色が強くなります。同数の場合は後から同じ数字になった色が上位にきます。
設定はゲスいのになかなか硬派なゲームですよ。
私は2年生までトップだったのですが3年生のラストでは0得点で惨めなことになりました。むぅ~ん。



最後に「街コロ」
DSC_1553.jpg
意外とボードゲームの集まりに行くと未プレイの方に遭遇するんですよね。
各コミュニティで流行りってあるのでしょうね。
序盤、中盤と盤石にゲームを進めたつもりだったのですが、まさかのビジネスセンターが火を噴き勝ち手を潰され敗北。うにゅぅにゅぅ~。


丸1日ボードゲーム三昧でございました。
特筆すべきは会の雰囲気がいいことですね。
ボードゲームは勝ち負けがつきますから白熱しすぎることがあるのですが、この会は終始穏やかで楽しい雰囲気でよかったです。
スタッフのみなさんありがとうございました。


■富山テーブルゲームの会の予定


7月10日 富山テーブルゲームの会(予約回)
mixiのコミュニティで参加者募集してます。こっちを参照してみてくれると嬉しいな。→ここ←

6月12日 富山テーブルゲームの会 オープンコンベンション
GM募集は始まってますので下記メールフォームから応募ください。

→参加について←
→GM申込メールフォーム←
→会場内の諸注意←

質問等あればブログの横のバーにあるお問い合わせフォームからメールするか、この記事のコメント欄にご記入ください。

皆さんで楽しい1日にしましょう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サイゴ

Author:サイゴ
富山テーブルゲームの会は富山県高岡市(旧福岡町)でTRPGのコンベンションを開催しています。

開催場所
参加する方へ
■参加の仕方
■会場内の諸注意
■GM申込メールフォーム
富山テーブルゲームの会 お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitter
リンク
QRコード
QR