WithでOG(オグ)を遊んできました。

「オッス!オラ、サイゴ!」

あぁ、自由にしゃべれるって素晴らしいw

8月30日のWithのコンベンションに参加してきました。
http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=300597

今回遊んだのはこれ「OG(オグ)」
DSC_0980.jpg

原始人になって冒険?するゲームです。
超かわったゲームだったんだけど、システムの紹介の前にまずこのキャラクターシートを見て。
DSC_0976.jpg

ウギャーポイントってのはいわゆるHPにあたる値。攻撃を受けてウギャーって言える回数?ウギャーが言えなくなったら「へんじがない、ただのしかばねのようだ」ってことね。

単語って欄が中段くらいにあるけど、これはPLが会話で使える単語を表します。丸で囲まれた単語が使える単語。
このゲームのPCは原始人らしく語彙がとっても少ないんです。
この単語を駆使してコミュニケーションを行うのがこのゲームの醍醐味なんです。

今回のセッション中にあったことですが、4人パーティで2人が斥候として先行して敵に襲われて1人が死に命からがら戻ってきたもう1人が残った2人のPCにことのしだいを伝えようとしたのですが伝わらないw

「You Small Small Small(仲間の1人は危険にあって弱っていった、の意)」

「You Go Smelly(お前が行けば危険がある、の意)」

伝えたくても語彙が少なくて当てはまる言葉がないもんだから、それらしい言葉を選んで後は演技力でPLは伝えようとしたのですが上手く行きません。
最初のセッションでは川を越えてビーバー2匹と闘いホームである洞窟に戻るだけで1時間を要しました。
もう、セッション中は笑いの渦に包まれますが笑いあう人たちにどれだけ統一したイメージがあるのか疑問です。

いやぁ、難しい。

結局2セッションを終えてGMもPLも力尽きてゲーム終了となりました。
ちなみにこの時点で14時ですw



その後はボードゲームやカードゲームを遊びましたよ。
DSC_0977.jpg

「ゆかいなふくろ」場に順番に手札を置いていき条件が合えばカードを得点として獲得できます。

DSC_0978.jpg

カードには3~7までの数字が書かれています。
カードを置く場は5つ(カードの種類だけ)あり、PLは手番に3枚の手札から1~3枚の手札を場に出し減った分のカードを補充します。
場のカードはカードに書かれた数字の枚数のカードが場に貯まると最後の1枚を出したPLの得点になり(1枚1点)ます。



DSC_0979.jpg
最近お馴染みになりつつある「街コロ」。
PLを選ばず受けがいいです。
拡張パックも買おうかしらん。

DSC_0981.jpg
「ごいた」
ルールはちょっととっつき難いですが慣れればあっというまにゲームが終わります。
最初に手駒が8つ配られます。それを8つ最初に場に出したPLが勝利します。得点は最後にだした駒できまります。
手番で1枚駒を出して、時計回りに勝てる駒を出すかパスするか宣言します。
このやり取りで場にどんな駒があるのか予想してゲームを進めるのが面白いのです。

そして、更にこのゲームをややこしくしているのが、4人で遊ぶのですがハス向かいのPLが見方になります。2対2で闘いチームの点数が150点を超えれば勝ちになります。

駒を出す意図を敵には知られずに、見方のPLにどう伝えるか。

奥が深そうで慣れてくると更に面白いと思います。
駒を出すリズムもテンポ良くていいですね。

TRPGもボードゲームもタップリ楽しめた1日でした。



■次回の予定

次回のオープンコンベンションは10月4日(日)です。
GM募集お待ちしております。

→参加について←
→GM申込メールフォーム←

予約制コンベンションは9月13日(日)です。
Mixi内でクトゥルフの呼び声卓がPL募集を行っています。
詳細は下記トピックにてご確認ください。

→クトゥルフの呼び声トピック←
→Mixi『富山テーブルゲームの会』コミュニティ←

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サイゴ

Author:サイゴ
富山テーブルゲームの会は富山県高岡市(旧福岡町)でTRPGのコンベンションを開催しています。

開催場所
参加する方へ
■参加の仕方
■会場内の諸注意
■GM申込メールフォーム
富山テーブルゲームの会 お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitter
リンク
QRコード
QR