■6月14日 オープンコンベンション GM紹介 マスターさん

6月14日のオープンコンベンションのGM紹介です。

参加申込み卓分けはコンベンション当日に行います。詳しい卓分けについては→ここ←を参照してください。
GM申し込みについては→ここ←を参照してください。直接メールフォームに飛ぶ場合は→ここ←をクリック。



【 GM名 】
マスターさん

【 システム 】
シノビガミ
シノビガミ


【 シナリオタイトル 】
名探偵の掟

【 募集人数 】
4名



【 ルールについて 】
冒険企画局から発売されている「サイコロフィクション」のシリーズの一作。
プレイヤーは現代に生きる忍者となって、それぞれの譲れない使命の為に暗闘を繰り広げます。

特徴的なのは「使命」と呼ばれるハンドアウト。この「使命」には本人だけが知る事が出来る「秘密」が存在し、表の使命で味方だった者が実は敵であったと言う状況が往々にして起こり得ます。

誰が敵で誰が味方か?

五里霧中の中、課せられた使命を果たす為、命を賭して忍は闘うのです。

使用するサイコロは6面体が2つだけというシンプルさ。
ルール自体も複雑ではないので初心者の方も問題なく遊べます。

あと、どんな無茶を言っても「まあ、忍者だし」で大体カタが付くので、どれだけ魅力的な忍法の使い手であるかという事を考えていただければ粗方何とかなります。



【 シナリオ概要 】シナリオ構造:バトルロイヤル
リミット:3
プライズ:「名もなき詩」他多数

シナリオのタイトルを見ての通り、今回のシナリオは探偵モノです。PCは忍者である前に、顕示欲の強い探偵となり、とある密室殺人を解決する為に働きます。

……と書くと複雑な推理シナリオのように見えますが、

    推 理 要 素 は あ り ま せ ん !

「秘密」に犯人の名前が書いてあります!

あくまで「なんちゃって推理モノ」として存分に名探偵気分を味わって戴く為のシナリオです。(一応どうしても推理に拘りたい! と言う方の為に体裁的に推理要素は取り入れていますが……)

セッション時間は3~5時間を想定しています。

勝者は1人と言うバトルロイヤル型PvPシナリオですが、肩の力を抜いて仲良く喧嘩しましょう。

追記:
自己紹介時に「自分は○○探偵である」、と言ってくれると他の人にそのイメージが伝わって良いかと思います。
例えば「安楽椅子探偵」とか「脳筋探偵」とか「イタコ探偵」とかそういうの。





次回の富山テーブルゲームの会は6月14日開催です。
詳しくは→ここ←をクリック。

次々回の富山テーブルゲームの会は7月19日開催です。
Mixiコミュニティ内で参加募集しています。
詳しくは→ここ←をクリック。

さぁ、富山で楽しく遊びましょう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サイゴ

Author:サイゴ
富山テーブルゲームの会は富山県高岡市(旧福岡町)でTRPGのコンベンションを開催しています。

開催場所
ウィングウィング高岡内 高岡市生涯学習センター
参加する方へ
■参加の仕方
■会場内の諸注意
■GM申込メールフォーム
富山テーブルゲームの会 お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
アクセスカウンター
Twitter
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ