ぜんぜん更新してなかった(汗

ぜんぜん更新してなくてビックリ。いやいや、他人事すぎるだろ、ビックリ。
いやいや、申し訳ない。

更新されてない間もそれなりに活動していたんですよ。

サークルQさんでGMして、北陸カタンクラブさんの定例会、法林寺温泉さんの創作会に参加して、家族を連れて京都旅行、あ、高岡で行われた少年展見てきました。

何かに向かって活動している人に触れるとなんだか自分もパワーをもらえる気がします。
そのパワーをブログにも使えって?いやはや、スマンです。

そんな感じで色々行ってきたので勝手に告知しておきます。

■まずはサークルQさん
https://www.c-sqr.net/c/cs77858/
富山市で活動されているTRPGサークルです。スタッフが若くて勢いがあります。コンベンションではなくてサークル形式なのでご注意ください。

■北陸カタンクラブ
http://hokuriku-catan.hatenablog.jp/
TRPGではないですがボードゲームのカタンを遊ぶ会です。私もカタンは大好きで何度遊んでも飽きがこない奥深さと適度な運の要素があります。日本選手権の北陸予選出たかったなぁ~。
9月にお泊りカタンのイベントも計画されていますよ。
http://twipla.jp/events/266289

■法林寺温泉創作会

旧福光町にある法林寺温泉さんで行われる創作会です。多種多様な何かを創ってる人が集まっていっしょに作業しましょう、という会。日常では出会えない色々な人に会えて話しが聴けるので楽しいですよ。

■今日開催です。20時間耐久ゆるふわボドゲ会

お隣石川県のイベントですが沢山の人とボードゲームが遊べます。前回参加者が多くて今回は12時~18時までは事前予約がいるようですが夕方から遊んでもタップリ時間はありますよ。


楽しいこと一杯で体が2つ欲しいー。

あ、7月9日は富山テーブルゲームの会の予約回ですよ。見学OKなのでお気軽に覗きにきてくださいね。




■富山テーブルゲームの会の予定

≪富山テーブルゲームの会のお問合せ先は→ここ←

8月某日、決まり次第報告します。 富山テーブルゲームの会 オープンコンベンション

→参加について←
→GM申込メールフォーム←
→会場内の諸注意←

7月9日(日) 富山テーブルゲームの会 予約回
場所はいつもの福岡観光物産館です。

質問等あれば上記お問い合わせフォームからメールするか、この記事のコメント欄にご記入ください。
スポンサーサイト

6月 富山テーブルゲームの会オープンコンベンション終了しました。

6月11日に開催した富山テーブルゲームの会オープンコンベンション無事終了しました。

参加者は15人、内初参加の方が3人でした。3卓成立で内訳はキルデスビジネス、シノビガミ、クトゥルフ神話TRPGでした。
キルディスビジネスのGMさんは初GMでした。最近チラホラGMやってみたいって声が聞こえてきて嬉しいです。
Point Blur_20170611_125753

私はクトゥルフ神話TRPGのKPをさせてもらいました。
といっても簡易版の1/10クトゥルフの方です。Twitterでチラホラコンベ用にクトゥルフの準備してますよ~、と呟いていたのですがソレが間に合わなくて20時間ボドゲ会で遊んだ「死者のストンプ」を楽しみました。

1/10クトゥルフはキャラ作成がカンタンなのがいいです。4っつのキャラクター(パワー、ブレイン、ラッキー、バランス)から1つ選んで後は名前、年齢、職業などのパーソナルを決めれば終了です。
簡単にキャラクタが出来上がるのでお昼までにキャラ作成~オープニング終了まで遊ぶことができました。

「死者のストンプ」をこれで3回遊んだのですが3回中2回タクシーの運転手が大活躍しました。もちろんNPCなんですが、ギャングを追いかけるときに都合よく(幸運判定に成功して)通りかかったタクシーにPL達が乗り込みます。
このシュチェーションだと言っちゃいますよね「前の車を追ってくれ!」と、これ言われるとなんかKPの方ものってきちゃって妙に会話が弾むんですよ。
いきなり出てきて設定のキャラだとPL達も知ってるから話しを盛ってくるし、思わずその展開を通してしまったり。このノリもTRPGの楽しさですよね。

その後PL達はタクシーから降りて目的地に向かうのですが、ギャング達を引き付けるために1人のPCがタクシーに残ります。
このPCが最後に港の埠頭でギャングから逃げきって隠れているときにPC「あんたいい腕してんな、俺と組まないか?」タクシーの運転手「俺と?何かあったらここに電話してくんな、いつでも助けてやるよ」なんて会話するんですね。いやぁ、カッコイイ!!

セッションは15時くらいに終わったので追加でロール&ロールに掲載された1/10クトゥルフのシナリオを遊んで残りの時間はボードゲームを楽しみました。いやぁ、セッション2回にボドゲまで遊べるなんて充実してますわぁ。



「ラブレター」簡単で面白い。空いた時間にちょっと遊べるいいゲームです。
DSC_08201.jpg

タイトル忘れました。ダイスを4っつ振って2つの数字を作ります、その数字にコマを置き一歩進めます。その後同じように4つダイスを振り同じ数字の組み合わせが1つ以上作れれば対象の数字のコマが1マス進みます。同じ数字が作れれば何度もサイコロを振ることが出来ますが、数字が出来なくなるとドボンで進んだコマはなかったことになります。どこまで進めて勝負から降りるかがキモなゲーム。左側にコマを配置して右端まで行くとそのレーンを獲得します、4っつ獲得で勝利。
DSC_08191.jpg

お馴染み「カタンの開拓者」。適度にランダム要素があって交渉も必要で戦略を求められるボードゲームの入門に最適なゲームじゃないかと個人的に思っております。
DSC_08221.jpg

おなかいっぱい遊び倒しました。人と人が顔合わせて遊ぶのいいですね。

■富山テーブルゲームの会の予定

≪富山テーブルゲームの会のお問合せ先は→ここ←

8月某日、決まり次第報告します。 富山テーブルゲームの会 オープンコンベンション

→参加について←
→GM申込メールフォーム←
→会場内の諸注意←

7月9日(日) 富山テーブルゲームの会 予約回
場所はいつもの福岡観光物産館です。

質問等あれば上記お問い合わせフォームからメールするか、この記事のコメント欄にご記入ください。

皆さんで楽しい1日にしましょう♪

5月6日(土) 土曜TRPGコン(野々市)&20時間耐久ボドゲ会に参加しました。

ちょっと間が空きましたがGWのお話し。石川県野々市市で開かれた土曜TRPGコンさんと20時間耐久ボドゲ会に参加してきました。



まずは野々市で開かれた土曜TRPGコンさんのレポート。

前回は1週間前で30人を超す参加者がいましたが今回は20人をちょいと超えるくらいでした。
成立卓は4卓だったんだけど、何が立ってたか記憶が・・・。

でたとこサーガ、シノビガミ、デッドラインヒーローズあと1つなんだっけかなぁ???

ゴメンなさい思い出せない。



私はデッドラインヒーローズのGMさせてもらいました。4月20日に発売されたのを速攻で買ってきてどうにかこうにか読みこんでのセッションです。新作ってことでPLも集まってくれて卓が成立しました。
デッドラインヒーローズ


セッション内容については基本ルルブのシナリオなので割愛。

PC1は最初のシーンで選んだ選択をヴィラン(悪役)に煽られます。「お前が20人を助ける間に俺たちがは何万人も殺す。お前の善意ってやつは酷く独りよがりで自己満足なのさ。」といった感じですね。それに対して強く出られない優柔不断にも見えるヒーローが悩みながら葛藤に打ち勝ち一歩踏み出るラストになりました。
PC2は気弱なヒーローに憧れる一般人で努力で強くなったキャラクターでした。最初のシーンではテレビのインタビューでいじられて弱さが見えていたのが最後のシーンでもう一度テレビインタビューを受けるときはしっかりヒーローをしていて1話の中で強くなっていくヒーローが表現されていてカッコイイんですよ。
PC3はベテランPLさんで異世界から来たヒーローをしっかり演じつつ他のPLをそれとなくサポートしてくれて助かりました。

三者三様のヒーローが見れて楽しかったです。このデッドラインヒーローズは自分のヒーローがどんなヒーローなのか?を考えてセッションで演出し表現する遊び方が楽しいと思います。照れとか羞恥心を捨ててヒーローについて語りましょう!



この日はちょいと忙しくてですね、楽しく土曜TRPGコンでのセッションを終えて余韻に浸る暇もなく移動することになります。移動先は石川県金沢市芸術村です。そう、ここで「20時間耐久ゆるふわボードゲーム会」が行われているのです。

私、ボドゲも好きでして思いっきりボドゲが遊べるぞー!っと参加表明していたのですが、色々あってボドゲ会でTRPG体験卓をすることになっちゃったんですよ(汗)。

どーしてこーなったw

まぁ、TRPGを遊びたいって方がいればホイホイ行ってしまうのが最近の私でして、今回は10分の1クトゥルフを使ってクトゥルフ神話TRPGに載っている「死者のストンプ」を遊びました。
ボドゲ会クトゥルフ

ボードゲームの集まりだったのでプレイ時間をなるべくコンパクトにしたいと思いまして、ほら、ボドゲって1時間~2時間くらいで終わるじゃないですか、なのでこの体験卓もそれぐらいに終われるように努力してみたつもりですが2時間30分かかりました。

参加してくれたPLの方からはまた遊びたいと言ってもらえたので大満足です。

20時間耐久ゆるふわボードゲーム会についてはこちらを参照してください→ここ←



■富山テーブルゲームの会の予定

≪富山テーブルゲームの会のお問合せ先は→ここ←

6月11日(日) 富山テーブルゲームの会 オープンコンベンション
GM募集は始まってますので下記メールフォームから応募ください。

→参加について←
→GM申込メールフォーム←
→会場内の諸注意←

7月9日(日) 富山テーブルゲームの会 予約回
場所はいつもの福岡観光物産館です。

質問等あれば上記お問い合わせフォームからメールするか、この記事のコメント欄にご記入ください。

皆さんで楽しい1日にしましょう♪

4月29日(土) 土曜TRPGコン(野々市)に参加しました。

ゴールデンウィーク初日の4月29日に開催された土曜TRPGコンに参加してきました。
祝日だったこともあったのか参加者が多い!32人いたんじゃないかな、数え間違えてたらゴメンなさい。
DSC_0666-1.jpg

デッドラインヒーローズ、クトゥルフ神話TRPG、アリアンロッド2E、D&Dネクスト、トワイライトガンスモーク、ダイスオブデッドの6卓が成立していました。

ホントに色々あるなぁ。人が変わると楽しさも変わるのがTRPGの面白いところだと思うのですが、富山のお隣石川県に足を延ばせば新鮮な楽しさがあります。

さて、今回はダイスオブデッド卓で遊んできました。

このゲームは突然広まったゾンビウィルスによって死者の街となった東京が舞台です。その東京はゾンビの影響を抑えるため巨大な壁で隔離されました。中にはまだゾンビになっていない普通の人たちもいたのに・・・。
その絶望的な状況でスタートするのですが、プレイヤー達のキャラクターはゾンビでも人間でもないハーフゾンビと呼ばれる存在です。ゾンビの強靭な能力を持ち、それでいて人間の知性を残しています。
これだけだといいとこ取りなんですが、ハーフゾンビはゾンビからダメージを受けたりしてウィルス感染が進むとゾンビになってしまいます。

このいつゾンビになってしまうか解らない不安定な状況でセッションは進行され、途中には誰かゾンビになっていないか議論する人狼的要素も入ってきます。

この世界観だけでも魅力的なのですが、このゲームの特徴はまだあります。

「ダイスドラフト」システムです。

これは判定に使うダイスをみんなでドラフトしていくシステムです、って意味わかんないですよね。
シーンの開始時や戦闘開始時にGM含むすべてのPLが3D6を振ってそれらをすべてダイスプールに置きます。そのダイスをシーンプレイヤーから1っ個づつ取得していきます。
これで手元に3っつのダイスが有るはずですが、これを使って行動や攻撃を行います。
ダイス目によって出来る行動が変わります。6-5は頭を使う判定(知覚など)、4-3は腕を使う判定(操作など)、2-1は足を使う判定(追跡など)。
PLはその場面でどの行動をすればいいのか予測してダイスを選択する必要があります。
DSC_0668-1.jpg


最初は判定に使うダイスを最初に振ってしまうことに変な感じがしたのですが、慣れてくると状況をみながらどれを選択するかという行為が楽しくなってきます。プレイ感覚はボードゲームに近いかもしれません。



今回の私のキャラクターはこれ。48歳の売れないお笑い芸人が「引退」か「ゆるキャラ」になるか選択した結果、ズワイガニのゆるキャラになった、という設定です。
DSC_0667-1.jpg

まぁ、出落ちキャラですいません。

GMさんの準備が素晴らしくて、ルールのレジメやマップシート、NPCのイラストなど準備されていてとても遊びやすかったです。
セッションの進め方もPLに解りやすく順序だって説明してくれましたよ。

シナリオは廃病院に立てこもりコミュニティを形成していたところにゾンビが入り込んでしまい脱出しなければいけない、というものでした。これだけだと単純な脱出ものなのです。ですが、襲撃の連絡をしてくれたNPCがオープニングでPC達を迎え入れてくれるいい人演出がされていて、無線の最後に襲われているだろう演出が入るんですよ。これは助けに行かないわけにはいきませんよね。

それでいてマップはNPCを助けに行かなければ2マスで終了する配置になっているんですよ。GMのいけずー。

GMのいけずはそれだけでなく、ダイスドラフトが行われるたびにトークンがGMの前に1っ個づつ並べられるのです。これ宣言なく無言でやってるんですけど5個目あたりからPLが気づいて「あ、このシナリオは時間制限があるぞ!」ってなるんですね。
上手いなぁ。トークンは7個目から青色から赤色になりました。ここらの演出もニクイですなぁ。

そんなこんなで楽しく遊ばせてもらいました。

次回の土曜TRPGコンさんは5月6日(土)です。そう、今週です!!興味のある方はこのGW中に参加してみてくださいね。自由参加のコンベなので突然フラリと立ち寄っても大丈夫です。

土曜TRPGコンさんについてはこちらを参照してください→ここ←



■富山テーブルゲームの会の予定

≪富山テーブルゲームの会のお問合せ先は→ここ←

6月11日(日) 富山テーブルゲームの会 オープンコンベンション
GM募集は始まってますので下記メールフォームから応募ください。

→参加について←
→GM申込メールフォーム←
→会場内の諸注意←

5月14日(日) 富山テーブルゲームの会 予約回
場所はいつもの福岡観光物産館です。
詳細は→ここ←を参照してください。

質問等あれば上記お問い合わせフォームからメールするか、この記事のコメント欄にご記入ください。

皆さんで楽しい1日にしましょう♪

GM勉強会に参加してきました。

「八百万遊戯 富山屋」管理人の播磨さんが主催されたGM勉強会に参加してきました。
GM勉強会については→ここ←を参照してください。

DSC_0554.jpg
会場はこちら「奥田公民館」まだ新しい建物でとっても綺麗です。

私の知る限り富山で自由参加のGM勉強会が開かれたのは今回が初めてだと思います。いったいどれくらいの人が集まるのか想像もできなくて、自分が主催してるわけでもないのに妙にソワソワしてました(苦笑)。
1番に会場に着いてしまって会議室が開くのを待っていたら次から次へと人がきて最終的には13~15人くらいになったんじゃないかな。

DSC_0557.jpg
最初は座学から。プロジェクターが機能しないトラブルがありましたが播磨さんが落ち着いて対応してました。
パワーポイントで作った資料を流しながら播磨さんがTRPGの目的は?ロールってどういうこと?GMって何やるの?といったことについてお話しされました。途中に参加者から意見も出て参加者全体のTRPGに対する認識をすり合わせる意味でいいスタートでした。

TRPGの解釈や認識って多種多様で遊ぶ人の数だけ考え方があるといってもいいくらいだと思うのです。なので、こういう前提の話しでお互いのスタンスや認識を確認してからディスカッションに移行するのは重要だと思います。
お互いの考え方を理解せず議論すると言いっぱなしになって終わってみると何も残ってない、なんてことは生産的ではありません。

DSC_0558.jpg
その後は議題についてディスカッションです。
議題は2つ。
「セッション中に情報が多すぎてPLが混乱してしまった」
「キャンペーンを遊んでいて中だるみしてしまう」
議題に対して色々な意見が出ました。TRPGって色んな要素が含まれているので1つの議題でも様々な見方、考え方があって面白いです。
この集まった熱量を私がここで上手く書き起こせる気がしないので、興味のある方はぜひ次回のGM勉強会に参加してみてください。

きっと播磨さんなら企画してくれるはずです。

午後からは実技でした。
1テーブル4人の組にわかれます。4っつのシーンに分かれたシナリオが準備されていて4人が1回ずつGMをするとゲームが終了します。

DSC_0560.jpg
これがキャラクターシート。下段に書かれているのがシーンごとのテーマです。

各シナリオの開始前には担当するGMが播磨さんに呼び出されてシナリオを受け取りGMとして何をやるのかレクチャーを受けます。その後、卓に戻ってそのシナリオをGMとして進行します。

シナリオ1は各PLに秘密の指令が渡されます。1人のPCは2回探索行動ができて、そのなかで指令を実行しなければなりません。
シナリオ2は探索メインのパートです。秘密の核心に近づいていきます。
シナリオ3は戦闘です。戦闘中に調査することもできて何やら謎が隠されているようだったのですが力押しで倒してしまいました。
シナリオ4は大喜利と書かれていますが、2つの障害を乗り越えてエンディングを迎えるシーンです。私はここを担当したのですが「どんな風にやってもらってもいいです。」とのことだったのでちょっとだけシナリオにない仕組みを入れて遊んでみました。結果的には楽しんでもらえたようで良かったです。

若いメンツに囲まれて自分がどれだけ出来るのか不安でしたがとても為になる話が聴けていいイベントでした。このGM勉強会がこれからも定期的に開催されるとお互いに刺激しあえていい効果があるんじゃないかしら。
これからの富山TRPGがどうなるのか楽しみになりました。ホント置いていかれないように頑張らないとなぁw



■富山テーブルゲームの会の予定

≪富山テーブルゲームの会のお問合せ先は→ここ←

4月9日(日) 富山テーブルゲームの会 オープンコンベンション
GM募集は始まってますので下記メールフォームから応募ください。

→参加について←
→GM申込メールフォーム←
→会場内の諸注意←

5月14日(日) 富山テーブルゲームの会 予約回
場所はいつもの福岡観光物産館です。
詳細は→ここ←を参照してください。

質問等あれば上記お問い合わせフォームからメールするか、この記事のコメント欄にご記入ください。

皆さんで楽しい1日にしましょう♪
プロフィール

サイゴ

Author:サイゴ
富山テーブルゲームの会は富山県高岡市(旧福岡町)でTRPGのコンベンションを開催しています。

開催場所
参加する方へ
■参加の仕方
■会場内の諸注意
■GM申込メールフォーム
富山テーブルゲームの会 お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitter
リンク
QRコード
QR